健康食品のサプリメントは薬ではない


今の時代の問題点でもある栄養素の不足を補い、スムーズな代謝をサポートをするために作られたものが健康食品のサプリメントになります。
そんなサプリメントですが、実は錠剤やカプセル状のものが多いので、薬と同じ物だと誤解されてしまうケースも少なくありません。
しかし、薬とは治療を目的として作られているものですが、サプリメントは食事では摂取することができないまたは不足している栄養素を補う為のものなので、決定的な違いがあります。
このようなことから、サプリメントと言うのは薬ではなく、食品の一部になります。
しかし、食事のように満腹感があったり、味や香り、食感がないことから、食品と薬の間にあると考えてもいいでしょう。

また、サプリメントと言うのは食事では摂取することができない栄養素を摂取することができますが、これを食事だけで摂ろうとすると、摂取カロリーが増えてしまいます。
サプリメントはカロリーをできるだけ含むことなく、必要な分だけ栄養素を効率的に補給できるように加工がされています。

食品のカロリーのある部分を取り除いて作成された逆加工食品ともいえるのが、サプリメントとなっているのです。
ローカロリーで栄養素だけを摂ることができるとても優れているものとなります。