健康食品のサプリメントとは


日本ではサプリメントは健康食品として食品に分けられていますが、これについては法律で定められているわけではありません。
サプリメントは製法から分類すると、化学原料を合成したものや天然素材から化学合成したもの、天然成分を抽出したサプリメントがあります。
こうした分類の他、サプリメントには様々な名称が与えられています。

まず、政府の機能認定を受けた保健機能食品と呼ばれている食品があります。
また、これとは別に日本健康・栄養食品協会が一定の規格基準を設け、健康補助食品の認定マークを発行してくれるようになりました。
ただし、これは健康食品の中の一部分に過ぎません。
2002年には健康増進法ができました。
すると、保健機能食品制度が定められ、保健機能食品として栄養機能食品と特定保健用食品(トクホ)という2つのカテゴリーが作られました。
健康増進法が制定される以前は、記事や広告を信じて食べた消費者が、逆に健康被害を訴えるという事態になるような出来事が多く見られました。
この対策のような形で出てきたのがトクホになります。
栄養機能食品についても、含まれる栄養成分について健康維持を助ける栄養素などの記載が可能となっていますが、多量摂取により健康が増進するものではないなどの注意書きが義務付けられています。

このように健康食品のサプリメントは色々なトラブルの発生などにより、今では効果的なサプリメントが多くなっています。
そこで今回はもっと健康食品のサプリメントについて知りたいという方のために、もっと詳しく説明をします。